アメリカ留学で職業訓練を考えてみる


img_post01

アメリカ留学のメリットとして職業訓練校で働くシステムがあります。

職業訓練校とは

アメリカの各地に職業訓練校があります。別名をORT Technical Instituteとも呼んでいます。西海岸ではロサンゼルスのダウンタウンにある職業訓練校が有名です。
最短で期間は8ヶ月のコースがありこのコースを終了するとアメリカで1年間有給にて働くことができるのです。
職業訓練校にもいくつかのコースがあり全コースについてチャックや面接などのアドバイスをしてくれます。さらには就職活動のための授業がふんだんに組まれているのです。
ですから語学の勉強プラス就業のための訓練をしてくれる学校が職業訓練校なのです。
語学留学も兼ねてさらに働くこともできるのでまさに一石二鳥のコースということがいえるでしょう。

職業訓練の条件として

すべての人が職業訓練校に入ることができるわけではありません。期間として720時間から1200時間の授業を受けなくてはいけません。しかも必要な英語レベルというのがあるのです。これはTOEFL500以上となっています。
もっともこれをクリアしなくては訓練校に入れないということではなく、TOEFL500以下であれば、費用が別途になるのですが、ESLコースの受講が必要になります。また、ビザの種類はF-1ビザとなります。
職業訓練といってもかなり専門的な分野になりますし、語学力もゼロからではなく100がマックスとしたら70から80くらいのレベルに達していなくてはいけないのでかなり難しいコースといえるかもしれません。
どんな学校に行くべきか相談するにはエージェントを使うのがお勧めです。詳細は以下を参考にしてください。